宝石・時計・メガネ・金地金売買の専門店 じゅえりー中岡エールエール店

TEL.082-263-7320 FAX.082-263-7321 メールでお問い合わせ

BLOG

ブログ

2018年03月04日
日々のこと

花珠について語ります。

皆様こんにちは。本日はパールについて語ります。

少しずつ温かい日が増え、卒業式、入学式の季節がやって参りました。

そんな時期はパールを1年で最も使われるシーズンではないでしょうか。

色々な宝石店や百貨店でもパールフェアやセールが行われていると思います。

そんなパールですが、消費者の方って値段の違い、パールの善し悪しってわかりますか?

接客していていつもお客様はおっしゃるのですが、値段の違いがわからない。良し悪しもわからない。

高い物=良い物とも限りません。

そんなパールですが、花珠という言葉を聞いた事がございますか?

 

花珠とは

・テリ(反射)

・巻き(真珠層の厚さ)

・形(真円に近いかどうか)

・傷(小傷やえくぼが少ないか)

・連相(色味、形にばらつきがないか)

以上の条件が一定のレベル以上の真珠を花珠と呼びます。

花珠といえば間違いない。綺麗なパール。と言われていました。

しかし、パールはダイアモンドのような世界基準はありません。

鑑別機関により花珠基準はバラバラ…。

権威のある「真珠科学研究所」「真珠総合研究所」という鑑別機関の花珠は基準が厳しい為、綺麗なしっかりした品質の真珠です。

逆にあまり有名でない鑑別機関の花珠は基準を下げている為、花珠といってもテリがあまりない…傷も多い。

では何故そんな基準の低い花珠を作るのか?

 

それは宝石業界の悪い所ですが、消費者はパールの善し悪しの見分けが付けられない方が多い。

なので花珠という名称が付けば良い物、間違いないと思い消費者の方に売れてしまうんです。

しかも1流の鑑別機関の花珠よりも値段がかなりお安く販売が出来ます。

だから品質の悪い花珠も宝石店では需要があるんです。

 

間違いないお買い物をする為にも

一概に花珠だから必ず綺麗で品質が良いとは思い込まないで下さい。

また信頼のおけるお店で選ばれるか、花珠であれば鑑別機関を確かめて頂き、前述にも記載した鑑別機関であれば品質の良いものです。

 

当店にもお安い花珠もご用意してます。

違いをご説明させて頂きますので、気になる方は店頭までお越し下さいませ。